スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#93 日本アニメ史に燦然と輝く「機動戦士ガンダム」

日本のアニメ界には何度かSFアニメによる大流行が起きている。70年代には「宇宙戦艦ヤマト」が、80年代には「機動戦士ガンダム」が、90年代には「新世紀エヴァンゲリオン」が、それぞれ社会現象と呼ばれるほどのブームを巻き起こしたと言われている。形を変えながらも今なおアニメ作品がつくられ続けているこの3タイトルの人気は今なお根強いものがある。そんな中でも数多くのタイトルが作られ、幅広い層のファンを持つ「機動戦士ガンダムシリーズ」の最初の作品、「機動戦士ガンダム」を取り上げたいと思う。

 以前このブログで同シリーズの劇場版作品「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」を取り上げたが、この作品はまさに最初の作品である「機動戦士ガンダム」の続編であり、熱狂的なファンに対してのある種の答えを出した作品であった。社会現象を引き起こすほどの大人気アニメとなった機動戦士ガンダムだが、今なお人気が最も高いのは最初の作品である本作、あまりに呼称がややこしいため、ファンの間では最初の作品ということで「1st(ファースト)」と呼ばれている。
 この作品が放送されたのは1979年、放映当初は今までのロボット物とは一線を画したリアリティのある「戦争」を舞台にした作品とあって、なかなか人気は出なかったものの、再放送を繰り返す度に次第に人気を呼んだ(このあたりは前述したエヴァンゲリオンも同じく、再放送によって人気が出ている)。

あらすじ 
スペースコロニーへの宇宙移民が始まって半世紀あまりが過ぎた宇宙世紀0079年。地球から最も遠く(月の向こう側)に位置するコロニー群・サイド3は“ジオン公国”を名乗り、地球連邦からの独立を求め、独立戦争を挑んできた。連邦軍の圧倒的な物量と戦力に対して、ジオン軍は人型機動兵器「モビルスーツ」(MS)を実戦投入し、「コロニー落とし」と呼ばれる戦略で一気に連邦軍を劣勢に追い込む。戦争は8ヶ月以上続き、膠着状態に陥った。
 モビルスーツの導入に後れを取っていた地球連邦軍はついに「V作戦」と呼ばれるモビルスーツの研究開発作戦を実行に移す。そしてV作戦を嗅ぎ付けたジオン軍による攻撃で、研究基地であったサイド7は戦場と化し、地球連邦軍の正規兵はほぼ全滅。そんな中地球連邦軍の新型モビルスーツ「ガンダム」の資料を拾った少年アムロ・レイは自らガンダムに乗り込み、新型戦艦ホワイトベースと残された乗組員たちと共にこの戦いを切り抜ける。
命かからがら逃げだしたホワイトベースの乗組員を待つのは、死闘の連続だった。

この作品の前半はサイド7から脱出し、連邦軍本拠地ジャブローまでホワイトベースとガンダムが死闘を繰り広げる。そして後半は「ニュータイプ」として覚醒しつつあるアムロの超常的な戦果と、ジオン軍との最終決戦に挑む連邦軍の宇宙戦が中心になる。モビルスーツ自体が強化されるのではなく、パイロット自身が進化をしていくという形をとった。このニュータイプという概念が物語後半の中心、そしてその後のシリーズの大きな根幹を成すことになる。

この作品は印象的なセリフ回しと、アムロの終生のライバルであるシリーズ屈指の人気キャラ、シャア・アズナブルの登場、さらに主人公であるアムロの少年然とした姿、戦争というお互いの正義をぶつけ合う勧善懲悪ではない世界観が人気を博した。
 今では35年前の作品になるが、やはり面白さという物は色あせない。何よりこの作品は敵が魅力的であるというところがポイントだろう。シャア・アズナブル、ランバ・ラル、黒い三連星、マ・クベ、ザビ家の面々、個性的でありながら軍人としての生き方を見せるそれぞれのキャラは今なお愛されている。
 
 やはり少し絵柄に古さを感じるものの、やはり面白さは色あせない、思わず何度も見てしまうそんな作品だ。ロボットアニメという物を変えてしまったこの作品、いまだに人気の衰えぬ理由をその目で確かめてほしい。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

#92 冬季五輪と言えばこの映画「クールランニング」

この冬、ソチオリンピックが世間を賑わせている。4年に一回の祭典、日本代表の頑張りというのは、同じく日本国民である私たちの胸を打つ。メダル確定と報道されていた面々も苦しみ抜いている今大会、世界のレベルの高さを思い知らされるが、オリンピックという大会の性質上、いろんな事情を抱えた選手が出場していることもまた事実。たとえば、たった一人の代表選手だったり、汚職事件の影響でインド代表として出場できず、IOC所属の選手として出場する選手、さらには常夏の島から冬季オリンピックに出場している国もある。

今回紹介するのはそんな常夏の島国ジャマイカからはるばるカルガリー五輪にボブスレー代表として出場した選手たちの実話とフィクションを交えたスポーツコメディ映画「クールランニング」だ。
冬季五輪にジャマイカが参加するたびに話題になるこの映画、もちろん今回取り上げたというのも、トリノ、バンクーバーに未出場だったボブスレージャマイカ代表が、ソチ五輪に帰ってくるということもある。

あらすじ
常夏の国・ジャマイカ。オリンピック出場選手を決める選考会で、父親も同じくオリンピック100m走で金メダルを獲得していたため、オリンピック代表選手の最有力候補と目されていたデリース・バノックはスタートラインに就いた。当初の目論見どおりデリースは出場一歩手前まで来たが、隣のレーンを走っていたジュニアがバランスを崩して転倒し、デリースも短気なユルも巻き込まれる形で転倒してしまい、夏季オリンピック出場の夢は断たれた。
数日後、選考のやり直しを訴えるデリースであったが、「勝負は非情だ」と取り合ってもらえなかった。部屋を去ろうとしたデリースはその時、壁に掛けられた写真に目を留めた。そこには金メダルを首にかけているデリースの父と並んでにこやかに立っている白人男性が写っていた。その男性が、冬のオリンピック種目ボブスレーで金メダルを獲得した名選手だと聞いたデリースは、オリンピックに出場するための奇抜なアイデアを思いつき、ボブスレーで冬季オリンピックに参加し、メダルを取ることを決意する。

この映画は嫌味の無い楽しい映画だ、雪すら見たことがないジャマイカ人が冬季五輪に、そして何よりボブスレーに挑戦するという映画、全編どこかラテンのリズムとミュージカルとまではいかないものの、陽気な歌が聞こえてくる映画。しかし選手たちのひたむきな努力、雪や氷がないジャマイカでの練習、コーチの思い、そして最後の本番のシーンは感動間違いなしだろう。
長野オリンピックの際に話題を呼んだこの映画、まさにこの時期にぴったりの良作映画、ぜひ一度ご覧いただきたい。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

#91「幻想の画家ダリとフランス近代絵画の巨匠たち」をみてきました

 今回は2月8日(土)より、滋賀県大津市にある滋賀県立近代美術館で開催されている「幻想の画家ダリとフランス近代絵画の巨匠たち」展を見てきた感想を書き記したいと思う。

 まずきっかけは昨年の9月に同美術館で開催された「ポップの目~アーティストたちは現代文化に何を見たか~」という展示に足を運んだ時のことである。この時美術館の年間の展示予定を確認したのだが、その時2月8日のこの展示が行われることを知った。私の最も好きな画家はまさにサルバトール・ダリその人、そのダリの生の絵が見られる機会がまさかめぐってくるとは思ってもみなかった。そのため9月からの半年間、待ち焦がれていたのがこの展示会なのである。

 今回のこの展示のテーマはダリとフランス近代画家をクローズアップしたものだ。メインはもちろんダリではあるものの、その前座な役割を与えられているフランス近代画家のラインナップも素晴らしい、印象派の面々が中心だが、ルノワール、ピサロ、ゴッホ、ローランサン、シャガール、ピカソ、キリコ等有名画家たちの作品が数多く展示されている。前半部だけでも十二分に楽しめる展示ではあるものの、メインはやはりダリ。日本国内ではダリの作品の展示をもっとも行っている諸橋近代美術館のコレクションをそのまま借りてきたこれらの展示は、普段なかなか見られない若かりし頃のダリ作品や、絵画ではない彫刻などの立体作品などを見ることができる。

IMG_02ssunsets.jpg

日没大気の寓話(1941年)

 今回の展示の中でもやはりダリの真骨頂であるシュールレアリズムを最高に感じさせる作品は「日没大気の寓話」だろうか、意味が分からなければそれでいい、女性的でありながら、足しか人間たる部分を持たない中央の存在と、それを取り巻く黄金の黄昏、青い湖、女神的な存在、ああなんのこっちゃわからないが、とにかく気持ちのいい絵である。

 ダリの絵の中で「燃えるキリン」や「記憶の固執」などの有名な絵画の中で見られる、「殺風景な世界と謎の人間」という構図は脳裏に焼き付く。その上強烈な気持ちよさを見るものに与える力がある。まるでセックスをしているかのような気持ち悪さと気持ちよさが同居している世界がダリの作品には生きている。
 そして今回驚いたのが、ダリは意外にも写実的な静物画や、人物画も描いていたということである。もちろんちょっと普通のものとは違うが、現実的なものを描いているイメージが全くなかったため、ダリの違う面を知ることができたのは、よい収穫だった。
 ついつい今回の展示品を含めた画集を買ってしまった、しばらくは作品たちに浸ろうと思う。

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

#90 人間をさぼろう「Peeping Life」

今日は短編CGアニメ、「Peeping Life」を紹介したいと思う。
2008年より公開されている森りょういち監督の作品である本作、具体的にどんな内容なのかというと、一言でいえばアドリブ漫才である。
このアニメは基本的に2人の登場人物の5分間の会話がメインとなる。そのシチュエーションはバラバラで、「結婚記念日に夜遅く帰ってきた夫に対して怒る妻」、「観覧車に乗るサラリーマンの上司と部下」、「外出する服で揉めるバカップル」などなど多数に渡る。このシチュエーションの中での2人の掛け合いを楽しむのがこの作品だ。
 そしてその掛け合いというのも、爆笑を誘うというものではなく、ついついほくそ笑むようなクスクス笑いを誘ってくる日常的な会話や間をうまく使ったものが多い。というのもこの作品の基本的なスタンスとして、演者2人にはシチュエーションと設定だけを伝え、ほぼアドリブでやり取りを行ってもらうという収録方法をとっている。このため探り探りではあるものの、妙な間や掛け合いが生まれやすく脱力感のある笑いを生み出している。

個人的におすすめしたいのはタツノコ×手塚プロのキャラクターたちが掛け合うシリーズ、キャラを知っていれば知っているほど楽しいということもあるが、スーパーヒーローたちが非常に所帯じみたような、人間臭い悩みなどを話す姿は非常に面白い、DVDも安いし、ネットで見られるものも多いので、ぜひ手に取ってもらいたいものだ。
短編なのでちょっと暇なときに見られるのもよい、脱力したい時におすすめだ

テーマ : アニメ・コミック
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ppsnuwa

Author:ppsnuwa
趣味に生きたい社会人
野球とF1とゲームと漫画をこよなく愛す
ブログも主にこれらを扱います
10000人来訪ありがとうございます

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。