スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#169 ついにこの時が来た「Back to the Future PART2」

 去る2015年10月21日(水)、この日は映画ファンにとって特別な日であった。本ブログでも#1で取り上げた「Back to the Future」、この映画はパート1からパート3まで存在しているのはみなさんもご存じのとおりだろう。パート1では映画公開当時の1985年から30年前の1955年にタイムスリップする。パート3では西部開拓時代、100年前にあたる1885年にタイムスリップをする、そしてパート2では唯一未来へタイムスリップするわけだが、それが1985年の30年後の2015年。映画内の設定では2015年10月21日(水)に到着するということになっていたのだ。
このメモリアルデイに合わせて各所でイベントやBack to the Futureが予想した30年後に今どれだけ近づいているのかなどを特集した番組が日本でも多く見受けられたことに、改めて海外のみならず、日本国内でのこの映画の人気ぶりを確認することになった。

もちろん私自身もこの映画の大ファンである。何度見直したかわからないが、今回のこのメモリアルに合わせて、普段は飲まないペプシコーラを手元に、仕事はわざわざ有給をいただき、Back to the Future3部作を見直すことにしたのである。
改めての感想を言えば、「やはり映画はこうじゃなくっちゃ」というものだ。さすがに今から見ればCG等は古めかしさを感じるものの、ストーリーの展開や話の見せ方に関しては色あせないものを持っている。

好きなシーンは二つ、まずは未来を描いた2015年のシーンだ。前作でのドタバタが終わり1985年に帰ったマーティー、そこに未来から空飛ぶデロリアンに乗ったドクがやってきて、未来を変えるべくマーティーを連れて未来へ行く。この間たった5分、1955年からやっとの思いで帰ってきたマーティーを5分後には2015年に連れて行く脚本の展開の速さたるや驚きだが、何よりその空飛ぶデロリアンのカッコよさをまずもって見せたかったという意図が伝わってくる。
そして2015年の描かれ方だが、残念ながら当時の期待ほどの現実の2015年は進歩はなかったと言えるだろう。あの未来はおそらく2050年ぐらいなら実現しているのだろうか。空を飛ぶ車やホバーボードの実現はおそらくかなりの時間を要するだろう。そんな中、粋な試みを行った会社が2社ある。まずはペプシコ社、劇中では80年代の雰囲気を模した喫茶店でマーティーがペプシコーラを注文するシーンがある。このシーンでは未来の容器として完全にオリジナルの容器を映画の中で採用していたのだが、今回の30周年に合わせ、劇中の容器をそのまま再現したペプシを発売したのだ。そしてもう1社はナイキ社、劇中で登場する自動で足にフィットする靴をナイキが開発し、こちらも販売を行った。過去に描かれた未来に合わせるというなんだか本末転倒な気がしないでもないが、こういった粋な演出はファンにとっても嬉しいものだ。

2では1でマーティーが両親をくっつけたシーンに再度向かうことになる。1のマーティと2のマーティが存在する時空となり、深海パーティ会場で再びビフとのやりとりとなるわけだがここのシーン切り替えが素晴らしい、どうやら2の撮影に合わせてこのシーンを取り直しながらの撮影だったようだ、道理でシーンの流れが良いわけだ。
1では過去に行ってからアクシデントにより未来が変わりそうなところを直したが、2では過去に行ったビフによるタイムパラドックスを正すためにタイムスリップを行う、まさにタイムスリップ物と言える内容になっている。

やはり何度見ても面白い、また1年後には見直したいと思う。もし見たことない方がいれば是非とも見ていただきたい。
スポンサーサイト

テーマ : 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ
ジャンル : 映画

#168 まさに正統派「魔法使いの嫁」

81iDyhBmSoL.jpg


 今回は漫画「魔法使いの嫁」を取り上げたいと思う。月刊コミックブレイドに連載中のヤマザキコレ著のファンタジー漫画だ。現在単行本は4巻まで発売されている。
一言でいえばまさに正統派ファンタジー、美しさと醜さを秘めた世界観はこれでもかと読者を引き込む力がある。書店に並ぶ1巻の表紙を見たときから、「あ、アニメ化するわこれ」と思わせるほどに魅かれるものがあった。1巻から買うと続きが待ち遠しくなりすぎると思い4巻の発売まで購入を遅らせていたものの、その頃にはもう世間の評価は高い物になっていた。

ではあらすじ

物語の舞台は現代のイギリス。生まれつき人ならざるものを見ることができるため他人からも家族からも疎まれ、不幸と孤独にまみれて生きてきた日本人のチセこと羽鳥智世は、自暴自棄となり謎の男が薦めるままイギリスに渡り、闇のオークションに「商品」として身を委ねる。その会場でチセは骨頭の人外エリアス・エインズワースに500万ポンド(約8億5千万円)で落札される。エリアスは自らを「魔法使い」と名乗り、チセを自分の弟子にし、ゆくゆくはお嫁さんにするつもりであると告げて家に連れ帰る。 戸惑うチセであったが徐々に魔法に満ちたエリアスとの生活に慣れ、多くの出会いを経て心の傷を癒されていき、同時に知られざる魔法使いの世界にも触れていく。チセが出会う人々がチセを見るたび口にする「夜の愛し仔」(スレイ・ベガ)とは何なのか、エリアスが抱えている秘密とは何か。チセとエリアスはお互いに少しずつ秘密を明かしあいながら距離を縮めていくのだった。                                                                          Wikipediaより


この漫画、よくあるファンタジーならオリジナルの世界や、中世ヨーロッパなどが舞台になるだろうが、意表を突かれたのは現代のイギリスであるということ。だから劇中で使われている言葉は普通の英語だし、場所もイギリスの実在の地名だったりする。そんな現実と魔法使いたちが生きる幻想の世界との狭間を描くことで、この世界観の美しさを引き立てているように思う。
魔法使いの嫁というタイトルを見るに恋愛要素があるのかと思いきやそれは違い(これからどうなるかはわからないが)、チセと異形の魔法使いエリアスとの信頼関係が生まれていく様を描く。人としていろんなものが視え過ぎてしまう主人公のチセは、あらゆる不幸と孤独に置かれて生きてきた。そんな中で自分を救い出してくれたエリアスへの感謝と慕う心の邂逅を描くのが現在の物語の中心と言えよう。
その過程としていろんな登場人物や、禍根を残す人物などが出てくるわけだが、その内容はぜひ直接読んでみてもらいたい。

また続きが待ち遠しい作品が生まれた、漫画好きな方に是非お勧めしたい。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

#167 お疲れ様でした。「ラグビー日本代表への感謝」

 これほど痛いスポーツは他にないだろう。これほど走るスポーツも他にないだろう。そしてこれほど興奮するスポーツも他にないだろう。そう思わせてくれたラグビー日本代表の戦いが終わった。
イギリスにて9月19日より開催されていた、ラグビーワールドカップ2015。日本は残念ながらプールBを3位という結果に終わり、決勝トーナメントの参加権を得るベスト8には届かなかった。しかしその戦いぶりは日本のみならず、世界にも興奮を与えるものであったのは間違いない。
今回で8回目を数えるラグビーワールドカップ、日本は過去7大会すべてに出場しているが、今までの通算成績は1勝21敗2分と、ワールドカップ出場国中最弱国として長く扱われてきた歴史があった。それは今大会の開幕直前に行われた、歓迎式典で用意された日本チームの紹介動画にも顕著に記されていた。ジンバブエ戦の勝利と、カナダ戦の引き分けのみしかない短い動画、一方の南アフリカは2度のワールドカップ優勝の輝かしい内容の動画。その差は歴然だった。


敗北の歴史のみ積み重なった日本代表だったが、今回の大会は持つ意味が違っていた。前任のジョン・カーワンヘッドコーチ(以下HC)からエディ・ジョーンズHCに交代したのが2012年の事。オーストラリア代表を準優勝に導き、南アフリカ代表が優勝を成し遂げた際にアドバイザーを務めていた名将の招致に成功した日本。自身日系の血を引き、奥さんも日本人。東海大学での指導歴もある彼は、「日本への恩返し」という気持ちもあっての監督就任だっただろう。そのエディHCがこの大会を持って退任を発表した。

 どうしても海外のトップ選手に比べると体格が劣る日本人のチームで、いかに勝利を掴むか、徹底的に練られたその戦略を実現するために、選手たちに非常に過酷な練習を強いることになった。最先端のGPSを利用した運動量チェックから、レスリング出身の格闘家を招いてのタックルの練習等。とにかく試合終盤でも走り抜けるスタミナと体格差に当たり負けしないタックルとスクラムの構築。その徹底した修練が少しずつ実を結び始めていることはなかなか今まで日の目を見ることはなかったが、練習試合ではあるものの、オールブラッグス(世界ランキング1位のオーストラリア代表の別称)のBチームと1トライ差の接戦を演じたりと、力をつけているのは間違いなかった。


 初戦の南アフリカ戦、周囲の予想は厳しいものだった。事前に組まれていたNHKBSでのラグビー特番の中でさえも、初戦は捨てて残り3試合をどうにかしてとってベスト8を目指す形になるだろうという話が大半であった。実際世界ランキング3位の強豪相手、めったにジャイアントキリングが起きないラグビーという競技において、世界ランキングはまさに実力の証明と言ってよかった。下手すれば大会全体で立ち直れないほどの打撃を受けてしまうのではないか?そんな心配すらあった大会前だったが、結果はみなさんのご存じ通り。あまりに劇的な結末に世界が揺れた。スポーツ史上最大の大番狂わせとまで評された勝利は、日本にラグビー人気をもたらすに十分な結果だった。

その日私は初戦の放送時間を忘れていた。ラグビーを知っていれば知っている人ほどこの試合は負けるから見なくていいだろうという気持ちになっていたはずだ。ただ丁度土曜の深夜ということもあり、夜更かしをしていた私はふとチャンネルを回した。中継がやっていたのだ。恐る恐る点差を見ると、後半20分を超えてたった1トライ差。我が目を疑った。そして南アのシンビンによる1人抜けからの同点か逆転の運命の分かれ目。そしてあの逆転トライを見届けた。スポーツを見ていてあれほど興奮したのはいつ以来だろうか。2009年のWBC決勝でイチローの決勝タイムリーを見届けたとき以来だろうか。その日の私はまさにバカだった。口を開けば「ラグビー日本代表はすごい」と言い倒していたのである。どうしてもこの偉業を、どれだけ素晴らしいことかを、ちょっとでも理解している人間としてほかの人に伝えたくて仕方がなかったのだ。
私もルールを完璧に理解しているかといえばNO、ラグビーはボールを前に投げたり、落としてはいけないという大前提の上に、安全性と公平にボール運びをするための細やかなルールが思いのほか多い。人数も15対15とかなり多い。複雑な部分もあるが、敵陣を突破してトライを決めるときの興奮は非常にシンプルで分かりやすい。

 ラグビーの試合に少しでも興味を持ってもらえたなら、ぜひ決勝リーグの試合を見てほしい。もしニュージーランド代表(世界1位)対オーストラリア代表(世界2位)の対戦になったら面白い事間違いなし、オーストラリアの鉄壁の防御に、ニュージーランドはどうやって攻めるのか。残念ながらこの2チームと比べてしまうと日本がかすんでしまうかもしれないほどにハイレベルだ。

 2019年は日本でラグビーワールドカップが開催される。そのとき日本代表がベスト8に進めるか、それまでの間にこの人気が続いているかはいささか心配だが、私はラグビーを変わらず応援し続けたい。まずはリオオリンピック。そしてスーパーラグビー。
みなさんこれからもラグビー日本代表、ブレイブブロッサムズをよろしくお願いいたします。

テーマ : ラグビーW杯
ジャンル : スポーツ

#166 ついに終了「プロ野球2015シーズンを振り返る セリーグ編」

・シーズン結果
 ついに今シーズンのプロ野球も10月7日の中日対広島戦の結果を残し、その他の順位がすべて確定した。7日の試合は勝てば広島が3位に上がる非常に重要なゲームとなっている。
優勝チームはセリーグが東京ヤクルトスワローズの14年ぶりの優勝、パリーグが福岡ソフトバンクホークスの2連覇と相成ったわけだが、今シーズンはセパで真逆と言っていいほど極端なシーズン展開となった。5月頃に首位に立って以来、一度も首位を明け渡すことなく、パリーグ史上最速で優勝を決めたソフトバンクに対し、セリーグのスワローズは残り3試合を残しての接戦を制しての優勝決定だった。時系列で少し振り返ってみたい。

今シーズンの開幕前、3月26日のこのブログでのセリーグ順位予想がこちら。
http://ppsnomu.blog.fc2.com/blog-date-201503.html
4位阪神の可能性を残し、それ以外はすべて外しました。これほど情けないことはない。しかしながら、この論拠部分に目を通していただきたい。あながち間違っていないと思いたい。今シーズンは私が台風の目1号2号としていた2チームがセリーグを引っ掻き回したと言っていいだろう。

■前半戦を振り返る。

・前半戦の主役
 阪神、巨人、広島のカード勝ち越しで始まった今シーズン、見事昨シーズンのAクラスが勝ち越したことで、今年もまたAクラスが一緒か・・・という落胆もつかの間、ここから中日横浜の逆襲が始まる。4月頭にナゴヤドームでの試合が多かったこともあり、中日が調子を上げて首位を奪うと、その首位中日を唯一ナゴヤドームで叩いたチームである横浜が5月を前に首位を奪う。
 セリーグ前半戦の主役は間違いなく横浜DeNAベイスターズだった。7連敗を喫しながらも絶好調を貫き、交流戦突入前に30勝19敗とチーム史上初の最大貯金11を達成、逆転の横浜とよばれ、ホームの横浜スタジアムでは圧倒的な勝率を誇った。しかしながらこのころから大型連敗と延長戦での勝率の悪さが暗い影を落としていたと言える。
 そしてセリーグ首位で迎えた交流戦、3勝14敗1分けと12連敗を喫す大敗北で貯金をすべて吐きだし、3位まで後退。その後オールスター直前には首位に返り咲いたが、その後は見るも堪えない試合が続き最下位転落。前半戦首位ターンから最下位という世紀の大失速を見せたのである。

・前代未聞の事態
1位横浜と2位巨人が交流戦で大幅に負け越したためセリーグの貯金が失われる事態に発展。7月3日には全チーム借金を背負うという異例の事態が生まれた。この時点で首位から5位までなんと0.5ゲーム差。史上まれにみる混セはパ強セ弱の状況が生み出した悲しい副産物であった。さらには今シーズン広島を除く5球団が一度は首位に立つという稀にみる混戦模様。あらゆるスタッツでセリーグトップクラスを記録していた広島が低空飛行を続けたことで緒方監督への猛バッシングが始まったり、得失点差-70を超えてなお首位を走った阪神など、まさに前代未聞ずくめのセリーグ前半戦だった。


■後半戦振り返り
 
 ・3チームのトップ争い
 オールスター明け、徐々に貯金を増やしていったのは、ヤクルト、巨人、阪神の3チーム。首位に立ったチームから引きずり降ろされる展開がしばらく続いたものの、8月の終わりに死のロードを乗り越えた阪神が首位に立ち、10年ぶりのリーグ優勝成るか・・・といったところで秋の風物詩の大失速。ここで打撃陣が軒並み好調のヤクルトが首位を奪還。9月の月間MVPにも輝いたエース石川の獅子奮迅の働きで2位以下を突き放した。そして今シーズン下位に沈み続けていた広島カープはようやく安定し始め、徐々に順位を上げていった。そして首位で前半戦を折り返した横浜は最下位、下馬評の低かった中日と共に下降線を辿り続けていった。

・首位ヤクルトを支えた影の立役者
 今シーズンのヤクルトは、主砲のバレンティンを欠き、序盤は9連敗を喫する等、不安定な面ものぞかせていた。しかしながらシーズン頭は先発陣の謎の安定により14試合連続2失点以下のリーグ記録を作ったりと調子の良し悪しがイマイチわからないチームとして不気味に2~4位を推移していた。そんな中でチームに勢いをもたらしたのはほかならぬ山田哲人、川端慎吾、畠山和洋の三冠トリオなのは言うまでもないが、その他にも素晴らしい活躍をした選手は多くいた。打の主役が前述の3人ならば、投手はロマン、オンドルセク、バーネットの助っ人中継ぎ三人集、通称ROBと秋吉亮を含めた4人だ。ヤクルトの長年の課題であった投手陣の充実。その一端である中継ぎ陣に関しては、今年はこの4人の活躍でセ屈指の救援陣となった。特にバーネットは3勝41セーブに対して敗戦はたったの1、驚異の成績でセ最強のクローザーとして君臨した。
 そしてチームに勢いをもたらしたのは、ベテラン館山昌平の復帰だろう。この3年間リハビリに苦しんだ館山だったが、3度のトミージョン手術を乗り越え、見事復帰を果たした。その館山の復帰に呼応してか、左右のエースとして連れ立った石川の成績もぐんぐん向上。秋の勝負どころでは無類の強さを発揮した。さらには昨年トレードでソフトバンクからやってきた、新垣と山中の両名。新垣は手薄な先発陣の穴を埋め、山中に至っては7月から8月にかけて6連勝を記録するなど安定した成績を残し、後半戦の上位進出の陰の立役者となった。

 攻撃陣では上田、比屋根の両名は今シーズン頑張ったと言えるだろう。川端、山田、畠山の破壊力抜群の3,4,5の前に塁に出るという重要な仕事だったが、今までの2人とは思えない渋い活躍を見せた。特に上田は今シーズンサヨナラ打を3本ほど打っており、ファンのイメージも良くなったに違いない。そしてセの捕手では唯一規定打席に到達した中村悠平。今シーズンこそ打率はいまいちだったが、その他のサイドワークでは十二分の働きを示し、投手陣からの信頼も厚い。課題だったショートの守備難もFA加入の大引の頑張りで補えたりと、ヤクルトとしてはうまくかみ合ったシーズンとなった。

■最後に
今シーズンは最終的にヤクルトに勝利の女神がほほ笑んだ。来年はどうなるだろうか、近年まれにみる波乱が続いた今シーズンと同じようにとはいかないだろうが、早速楽しみである。まずはその前にCSと日本シリーズ、そしてプレミア12が待っている。野球シーズンもそろそろ大詰め、最後まで楽しみぬきたい。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ppsnuwa

Author:ppsnuwa
趣味に生きたい社会人
野球とF1とゲームと漫画をこよなく愛す
ブログも主にこれらを扱います
10000人来訪ありがとうございます

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。