スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#182 1曲を考えるその2「BUMP OF CHICKEN:ギルド」

 せっかくのシリーズ化を宣言した以上、第二回をやらないわけにもいかないというわけで、今回も「1曲を考える」をテーマにしたいと思う。
今回の曲はBUMP OF CHICKEN(以下BUMP)のギルドだ。2004年8月25日に発売されたBUMP4枚目のアルバム「ユグドラシル」の3曲目に収録されている楽曲だ。
この楽曲のテーマは「仕事」だろう。発売当時音楽に非常に疎かった私にとって、ユグドラシルにも収録されているオンリーロンリーグローリーのシングルがBUMPとの出会いだったのだが、このバンドはただものではないと思わせてくれたのは、このギルドだった。
しかし当時中学生だった私にとって「仕事」というものに対して深い実感を持っていなかった。そして社会人4年目を迎えようという年になった今、改めてこの楽曲を振り返りたいと思ったのだ。

歌詞の冒頭でこの曲の主題が語られており、「生きること」と「仕事をする」ことを重ね合わせている。平凡に過ぎ去る日常を生きる人間の疲れ、孤独の叫びのような歌詞が並ぶ。
曲名の「ギルド」自体中世ヨーロッパの労働組合を意味する言葉だ。鉄を叩く音が曲中に盛り込まれていることや、後の人形劇ギルドでも取り上げられたように、炭鉱夫のイメージがあるのだろう。ただ目を覚まし石炭を掘りそしてまた眠ることを繰り返す、「朝と夜をなぞるだけのまともな日常」と表現されているこの繰り返しは、決して曲中だけのことではなく、聞いている自分自身にも突き刺さるものがある。
曲中では生きることと働くことが重ねられているため、生きることについての報酬もなければ目的もない、誰に認めてもらうわけでも助けてもらうわけでもない、漠然と生きることへの不安と失うことへの不安が同居している内容だと言える。

この曲はまさに今のタイミングで聞くことができてよかったと思う。社会人3年目という、一つ社会に疲れ出すこのタイミングに、この曲は寄り添ってくれる。決して励ますわけでもなく、なだめるわけでもなく、あーわかるわかると頷いてくれるそんな曲だ。

初めて聞いてから12年もの月日が流れた、変わらないと思っていた自分の変わってしまった姿を映すのは、鏡だけではないと教えて貰ったような気がする。

今一度ユグドラシルを聴き直したくなった。
スポンサーサイト

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

#181 今年の注目「2015年期待のルーキー」

 2016年も早くも2か月が過ぎ、春の足音が聞こえてきた。Jリーグも開幕を迎え、いよいよプロ野球の開幕も近づいてきた。
 今年のプロ野球は3月25日開幕、セは巨人対ヤクルト、阪神対中日、広島対DeNAのカード、パは楽天対ソフトバンク、西武対オリックス、ロッテ対日ハムといった具合だ。
阪神は昨年に続き、春のセンバツとの兼ね合いで京セラドームで開幕、そもそもセリーグは2013-2014と2年連続同じ順位で終わったため、主催チームは昨年と同じだ。
 
 ここで少し豆知識を、現在プロ野球の開幕カードの決定方法は実はセとパで異なっている。セリーグは2年前のペナントレースの結果を用いて決定している。今年であればセは2014年のペナント上位3チームである巨人、阪神、広島の3チームとなる。
そしてパだが、パは3年前のペナントレースの結果を元に決定しており、楽天、西武、ロッテとなる。ちなみに相手チームは両リーグともBクラスの3チームからランダムで決定しているため、阪神中日のカードが昨年と全く同じなのは偶然に過ぎない。
実はセとパで決定方法が分かれているのは、東日本大震災が関係している。

2011年シーズン開幕の際、震災による電力問題なども相まって開幕延期措置が取られ、デーゲームで試合を行える球場での試合を組まざるを得なかった。そのため本来の開幕カードとは違う組み合わせで開幕を迎えることになった。その翌年の2012年の開幕カードの決定の際、セリーグは従来通り2年前のペナントの結果に準じたが、パリーグは本来組まれる予定であった2011年の開幕カードをスライドして開幕したため、そこから3年前の結果に準じるというズレが生じることとなった。

豆知識はほどほどにして、今シーズンはキャンプやオープン戦等を見るに、楽しみな新人選手が多く見受けられる。というわけで今回は今年の新人王有力候補や期待の若手をご紹介したいと思う。

■セリーグ
・髙山俊 外野手(阪神ドラ1)
甲子園を制した猛打の象徴
阪神のドラフト1位はドラフトでのすったもんだの末、明治大学の髙山俊外野手が指名を受けた。明治大学時代は通算131安打を記録し、六大学野球の通算最多安打記録を48年ぶりに更新した安打製造機だ。高校時代には日大三高で2011年に夏の甲子園優勝も経験している。
金本・掛布両監督から既に完成に近いと評されるバッティングフォームをもち、2軍キャンプでもその打棒を見せつけ、オープン戦ではすでにヒットを放ち才能の片鱗を見せ始めている。シーズン本番でも、レフトまたは福留の休息日でライトのスタメンに名を連ねることはほぼ確実視されている選手だ。

・重信慎之介 外野手(巨人ドラ2)
首位打者も獲得した六大学きっての韋駄天
今巨人で最も生きのいい選手といっていいだろう。ドラフト2位で指名された早稲田大学出身の重信は、立岡、長野、亀井、太田らが争う開幕外野手争いの中でもひときわ輝いて見えるルーキーだが、その武器は何と言っても足。
早稲田の先輩である青木宣親にたとえられ、俊足巧打の外野手としてすでに期待も大きくなっている。新人の活躍というのは、シーズン蓋を開けてみないとわからないものだが、足があるというのは代走などでも出番があるということなので、今シーズン重信を見る機会は多いかもしれない。

・今永昇太 投手(DeNAドラ1)
怪我を乗り越えた大学NO.1左腕
横浜DeNAベイスターズからドラフト1位で指名されたのは駒沢大学のエース今永だった。
高校時点ではいい選手止まりの評価だったが、大学になり躍進を果たす。
大学3年時点で秋季リーグMVP、最優秀投手、ベストナインの3冠を獲得し、大学NO.1左腕の評価をほしいままにしていた今永だったが、4年時に左肩を痛め、春は登板なしに終わり、秋も不調をかかえての登板が続いた。本人も4年時に結果を残せなかったこともあり、プロ入りは心揺らいだが、DeNAの後押しもあり入団が決定。
その裏腹、持ち前の明るいキャラクターでドラフト直後のインタビューから記者を沸かせるなど面白キャラの一面をのぞかせる。
既に練習試合やオープン戦でも登板しているが、今のところ14イニングを投げ無失点と上々の仕上がりを見せている。もしかしたらセリーグ新人王最有力候補かもしれない。

・小笠原慎之介 投手(中日ドラ1)
ご存じ2015年夏の甲子園優勝投手。
東海大相模高校からドラゴンズのはずれ1位で入団。ドラゴンズに夏の甲子園優勝投手が入団するのはなんと44年ぶりだというのだから驚きだ。
左腕ながらMAX150kmを超えるストレートが持ち味、ソフトバンクのドラフト1位だった高橋純平と双璧をなす高校野球界NO.1ピッチャー。左腕投手の育成に定評のある中日に入団したのは運が良かったのではないだろうか。今年中に公式戦デビューを飾るか難しいところだが、その能力に掛かる期待は大きい。
先日オープン戦で一軍初マウンドを経験、バレンティンに一発を浴び、早速プロの洗礼を浴びたところだが、フルカウントでバレンティン相手に勝負球のストレートを思い切り投げ込むマウンド度胸の良さを見せつけた。

■パリーグ
・オコエ瑠偉 外野手(楽天ドラ1)
楽天久しぶりのドラ1野手は高校生だった。
甲子園を沸かせた関東第一高校の韋駄天外野手、当初木製バットへの対応とそもそものスイングフォームが欠点と周囲から噂されていたものの、キャンプに突入するや否や池山打撃コーチと二人三脚で徹底した打撃フォームの修正に取り組んでいる。
初日は全くと言っていいほどの結果だったフリーバッティングも、2日目3日目と日を重ねるごとに飛躍的に内容が良化、本人の貪欲な向上心と吸収力の高さを伺わせた。練習試合やオープン戦では打率は目立ったものはないものの、得点圏では異様に勝負強く結果を残しており、スターの片鱗を見せている。
さすがに開幕スタメン抜擢は厳しくなってきたが、開幕一軍の可能性は十分に秘めている。

・平沢大河 内野手(ロッテドラ1)
その才能に誰もが驚嘆。
こちらも高卒野手のドラ1、ロッテと楽天の2球団競合の末ロッテがくじを引いた。前評判の高さはもはや名球会クラス。あの野村克也をして手を加える必要がないと評する逸材、将来的に立浪クラスの選手になるとの声も。
立浪以来の高卒開幕スタメンショートでゴールデングラブ獲得を目指しステップアップ中。しかしながら平沢の評価の高さといえば守備よりもバッティング。天性の長打力は折り紙つき、平沢の持ち味を殺さずどう育成するか、ロッテ首脳陣に掛かる期待も大きくなっている。
追記:3月13日の時点で平沢選手の開幕二軍が決定した。どちらにせよいい経験を積んでもらいたい。

・近藤大亮 投手(オリックスドラ2)
大社卒の苦労人、実を結ぶか
オリックスのドラフトで、今一番評価を高めているのはドラフト2位の近藤大亮投手だ。MAX151kmのストレートと、スライダーとフォーク、そして今では珍しいパームボールを駆使するピッチャーだ。(近年のパームの使い手は中日ドラゴンズの浅尾投手や昨年引退したソフトバンクホークスの帆足選手などがいる。)
浪速高校→大商大→パナソニック→オリックス・バファローズと大阪堺市に生まれてからずっと大阪のチームで野球を続けてきた近藤、オリックスも意中の球団だった。
キャンプ開幕は2軍スタートだったものの、ピッチング内容や球質、練習試合の結果などを見て、田口2軍監督から「2軍クビ宣言」を受け1軍へ昇格。3月6日のロッテ戦では新人らしからぬ落ち着きを見せ好投、調子が振るわないオリックス先発陣の中でローテ5番手争いで一歩リードしている。
 見渡す限りパの新人投手で一番目立っているのは彼だろうか、もしかすると新人王最有力候補かもしれない。

 とりあえず現時点でニュースでよく見る7名をピックアップさせていただいた。もちろんこの7名以外にも楽しみな新人選手は多くいる。このメンバー以外から新人王が出てしまったら恥ずかしい限りではあるが、今シーズンの開幕も残すところあと2週間弱。今シーズンどのような結果が残るのか楽しみで楽しみで仕方ない。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ppsnuwa

Author:ppsnuwa
趣味に生きたい社会人
野球とF1とゲームと漫画をこよなく愛す
ブログも主にこれらを扱います
10000人来訪ありがとうございます

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。